五穀豊穣を感謝!日本版オクトーバー・フェスト 10月と言えば北野天満宮のずいき祭

北野天満宮は、学問の神としての天神様で有名ですが、ここでの豊作を祝う「ずいき祭」も有名です。「ずいき」とは、小芋の茎のことで、このずいきを使って御神輿を作り奉納するという一風変わった神事を行うことで知られています。

北野天満宮のずいき祭の特色

北野天満宮のずいき祭は、菅原道真公を初めとする三柱の御霊を西ノ京にある御旅所にお迎えして、その年に実った農作物を飾り付けた御神輿を奉納し、五穀豊穣を感謝する祭です。祭は、毎年の10月1日から5日にかけて行われ、4日が最も重要な祭となります。

ずいき祭の一番の特徴は、毎年新たにずいき神輿を1ヶ月の期間をかけて神職や神社職員が作るところにあります。ずいき神輿は、その屋根の部分がずいき(小芋の茎)で葺かれ、その側面なども穀物や蔬菜や果物などで飾り付けられます。ずいき神輿は、大小の2基が作られます。

1日目は神幸祭(しんこうさい)と言って、北野天満宮で3基の鳳輦(ほうれん)に、三柱の御霊を移し、氏子の町内を巡行した上で御旅所に到着します。この時、御旅所には既にずいき神輿が安置されています。

ここで八乙女田舞(やおとめたまい)が奉納されます。2日目は御旅所で献茶祭が行われ、3日目は御旅所で甲御供奉饌(かぶとのごくほうせん)の祭事が行われます。4日目は還幸祭が行われます。これは、鳳輦とずいき神輿が御旅所を出て、氏子の町内を巡行した後、鳳輦は天満宮に戻り、ずいき神輿は御旅所に戻るものです。

5日目は后宴祭と言って、拝殿前にて八乙女田舞を奉納するものとなります。

ずいき祭の歴史

毎年10月に行われる北野天満宮のずいき祭の歴史ですが、ずいき神輿が加わるようになったのは、慶長年間とされます。それまでは、北野天満宮の北野祭に野菜類をお供えしていただけでしたが、この頃より、野菜類のお供えを大型の御神輿の形に作って奉納するようになりました。

鳳輦による行列は、それ以前にもあったはずですが、詳しいことは分かっていません。慶長年間以降のこととしては、ずいき神輿の形式に推移があったことが分かっています。元禄15年に、八角葱華輦型から六方鳳輦型になりました。享和2年には、四方千木型になっています。

その後、ずいき神輿は中断しますが、明治23年に復活し現在に至ります。ずいき祭の最盛期には、8基ものずいき神輿が奉納されましたが、現在は2基だけです。
なお、9月から10月にかけて御旅所で作られるずいき神輿は、毎年その飾り付けの仕方が変えられますので、その出来栄えを見るのも楽しみの一つになっています。ずいき祭が終われば、ずいき神輿の飾り付けに使われた穀物や野菜類は、捨てたりせずに取り外して神輿の関係者に配られます。

ずいき祭の見所

5日間に渡るずいき祭ですが、一番の見所は、長い行列を作って町内を練り歩く4日目の還幸祭です。3基の鳳輦と2基のずいき神輿とが中心となる行列は、獅子舞や導山(みちびきやま)や梅鉾なども伴い、さらに馬や牛車なども加わり、氏子たちは時代装束に身を包んで町内を練り歩きます。

ただし、最終目的地が違うため、途中で行列はふた手に分かれます。氏子の町内では、晴れ着を着て行列を出迎えますが、上七軒では、芸妓舞妓が着飾って出迎えますので、華やかさが増します。行列を待ち受けて見物するとしたら、上七軒の付近が最適になります。行列は、途中で八乙女や稚児裃や童子なども加わって、かなり長い行列になります。

行列の衣装は多彩ですし、様々な出し物があって、見飽きません。
4日目の還幸祭には都合が悪くて見物に行けない時、1日目の神幸祭を見物するといいでしょう。午後1時に行列が北野天満宮から出発し、午後4時頃に御旅所に到着します。行列は、150人ほどの人数となり、3基の鳳輦の他、導山や松鉾なども行列に加わりますので、見応えがあります。ただし、この日は、ずいき神輿の巡行はありません。

北野天満宮

http://www.kitanotenmangu.or.jp/
京都府京都市上京区馬喰町
075-461-0005

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。