華やかな芸妓や舞妓による舞踊奉納が異色の祭り!八坂神社節分祭は大人気

八坂神社の節分祭は、他とはひと味もふた味も違う独特のもので、芸妓や舞妓による舞踊奉納があるため、大いに楽しめます。まだ寒さの厳しい2月初め頃の行事ですが、ここでは甘酒の接待もあって、冷えた身体も温まります。

八坂神社の節分祭は異色の祭

節分祭は全国各地の神社にありますが、八坂神社の節分祭は、その奉納される舞踊奉納で異色と言えるもので、その華やかさもあって大人気です。

八坂神社は京都の祇園にあることもあって、花街の芸妓や舞妓による舞踊奉納があります。節分祭は、前日の節分祈願祭も含めて、2日間に渡って行われますが、その内容は、舞楽奉納と舞踊奉納とがあり、それぞれの奉納の後に豆まきが行われます。

舞楽奉納は、弥栄雅楽会と日本今様謌舞楽会が2日の内どちらか1回行ないます。舞踊奉納は、先斗町歌舞会および宮川町歌舞会、あるいは祇園甲部歌舞会および祇園東歌舞会がそれぞれ1回行ないます。

豆まきは、それぞれの奉納が終わってから舞殿で行われますので、1日に何回も行われることになります。また、一番最後に、舞殿での地元商店街による豆まきもあって、全部で1日に4回の豆まきとなります。

なお、この節分祭2日間だけの授与品として、1年の災いを祓う「串札」が用意されています。この串札は、竹串に守札を挟んだもので、お札には古事記にもある短い文章が書かれていて、古くから伝わるものです。

八坂神社の節分祭の歴史

2月に行われる八坂神社の節分祭の豆まき行事は、平安時代の中期ごろから行われるもので、鞍馬山の鬼が都で乱暴狼藉を働いた折に、毘沙門天のお告げがあり、祈祷によって鬼の穴を封じ、炒り豆によって鬼の目をつぶして解決した、という伝説に基づくものです。

雅楽や舞楽は、大陸から日本に伝わった音楽および舞を起源とするもので、最も古いものは奈良時代に伝わり、その後に蓄積と洗練とを加え、平安時代に大成されたものです。ベトナムや中国や朝鮮半島の音楽や舞が含まれていて、国際色豊かなものです。これらは、皇室や神社の音楽として古い形式をよく保存して、今日にまで伝えられています。

このような機会でないと、滅多に生で見れることはありませんので、一度は本物を見ておきたいものです。
祇園花街の起源は、江戸時代初期に八坂神社の門前で営業していた水茶屋の茶点て女とされます。

八坂神社の2月の節分祭(八坂神節分神社)で、芸妓や舞妓による舞踊奉納が始まった時期は、はっきりしません。
八坂神社自体の創建は、これもはっきりしませんが、656年とも876年とも言われます。八坂神社の名称は、それほど古くはなく、古くは感神院または祇園社と呼ばれていました。

八坂神社の節分祭の見所

八坂神社における節分祭の見所は、何と言っても芸妓や舞妓による舞踊奉納であり、奉納後の芸妓や舞妓による豆まきです。

節分祭は、あちこちの神社で豆まき行事を中心にして、広く行われていますが、このような舞踊奉納は、ほかでは見られない華やかなものです。
古式ゆかしい舞楽の奉納も、普段見ることのできないものですから、一見の価値があります。

なお、日本今様謌舞楽会が奉納するものは、今様と呼ばれるもので、異国情緒のある一般的な舞楽と違い、平安朝の香りのする和様のものです。これも普段目にすることのできないものですから、一度見ておきたいものです。

八坂神社の節分会の歌舞音曲の奉納は、日替わりで出し物が代わりますから、2日連続で見たくなるものです。
歌舞音曲の奉納の後の豆まきも楽しいものです。

しかも、何度も行われるため、豆(袋入り)を拾えるチャンスがあります。とは言え、まかれる豆には限りがありますので、拾えない可能性もあります。拾えなかった場合、福豆が神社内で授与品として販売されていますので、これを購入しましょう。

これは、空くじなしの抽選券付きで、運試しにもなり楽しめます。

八坂神社

八坂神社 京都市東山区 祇園さんとも呼ばれています。由緒や年中行事、祇園祭について紹介。

八坂神社

京都市東山区祇園町北側625
075-561-6155

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。