子供の無病息災を祈願する神事 下鴨神社で流し雛 その他の催事も楽しめます

3月3日の下鴨神社の流し雛は、雛段に飾る雛人形の原型とも言えるもので、一度は見ておきたいものの一つです。下鴨神社の流し雛は、単に雛人形を川に流すだけでなく、神事を伴う行事であり、それ以外の催事もあり、色々と楽しめます。

下鴨神社の流し雛の特色

下鴨神社の流し雛は、神社境内にある御手洗川に、稲藁を丸く編んだ桟俵(さんだわら)に雛人形を乗せて流すもので、子供の無病息災を祈願する神事です。
雛人形を流す理由は、子供の病気や災いの穢れを人形に移し、これを流し去って清める意味がこめられています。

この神事が発展し、雛段に雛人形を飾る雛祭になりました。ですから、流し雛は雛祭の原型になるわけです。さらに古い形となると、紙を切り抜いた人形(ひとがた)に災いの元を移し、これを川や海に流す風習にまで遡ります。

流し雛の雛人形は、いたって単純素朴なもので、雛段に飾る雛人形と比べようのないものです。流し雛の雛人形は、頭部は土を丸めて絵の具で着色したもので、衣服は色紙で作られています。稲藁で作る桟俵は、本来の意味で言えば米俵の蓋になるもので、これもいたって素朴なものです。それだけに、本来の宗教的意味を濃く残しています。

なお、桟俵と雛人形とは一体となっていて、固定されています。この桟俵は、当日に販売されているものを購入することになります。本来の意味からすれば、同行した子供がこの桟俵に息を吹きかけてから流すことになるわけですが、無病息災を親が祈れば良いことになっています。

下鴨神社の流し雛の歴史

3月に行われる流し雛の風習は、日本各地に残っていますが、下鴨神社でも、桟俵に人形を乗せて流す形で残っています。流し雛の風習は、紙で作った人形を流す風習として平安時代にまで遡りますが、さらに古く遡れる可能性もあります。

類似の神事で、今日知り得る最も古い形式は、旧暦の3月3日、川で身を清め、紙で作った人形(ひとがた)に息を吹き付け、水で清めきれなかった内側の穢れをこれに移し、川に流す神事がありました。下鴨神社の流し雛は、そのような神事から派生したものだと推定されます。川で身を清めることが省略され、子供限定の行事となり、民間の一般行事としては、雛人形が高級になり流さずに雛段に飾る形に進化し、女児限定の行事にもなりました。

人形(ひとがた)の風習からもっと遡るとすれば、縄文土偶に行き着く可能性もあります。縄文土偶は、必ず割れた状態で出土していて、川に流す代わりに、割ることで災厄を消し去ろうとしたとも考えられます。ただし、流し雛と縄文土偶との繋がりを立証できる証拠はありませんので、憶測の域を出ません。確実に関係があると言えるのは、平安時代までです。

下鴨神社の流し雛の見所

下鴨神社の流し雛は、人形業界の組合が主催者となっていますので、神事以外の催事も楽しめるようになっています。どんな行事内容なのかを、時間を追って紹介しましょう。
拝殿前には主催者の受付のテントがあって、10時から桟俵をここで販売しています。橋殿では、十二単の着付けショーが行われます。

10時半からお祓いや祈祷などの神事が執り行われます。神職が、境内にある末社の御手洗社で神事を行ない、次に御手洗川で流し雛の儀を行います。

11時半からは、一般人から選ばれた男女が平安時代の衣装でお内裏様とお雛様に扮して登場し、御手洗池で流し雛を行ないます。その後、幼稚園児の流し雛、舞妓さんの流し雛があり、最後に幼稚園児一同による合唱があります。一般人の流し雛は、これら一通りの手順が終わってからで、11時45分頃です。

ただし、これらの時間は、年によって変更される可能性もあります。
お内裏様とお雛様の流し雛の様子は、華やかな場面ですので、アマチュアカメラマンも含め、誰もが御手洗川に集中しますのでかなり混雑し、時にはマスコミの取材班も撮影していることがありますので、早めに場所確保した方が良いでしょう。なお、観覧するだけなら無料です。

下賀茂神社

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にあり。通称、下鴨神社(しもがもじんじゃ)ともいいます。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社で、旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社です。

下賀茂神社

京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。