休日の散歩にぴったり気分もリフレッシュ!森の中に神社が!御手洗団子と葵祭で有名な下鴨神社

下賀茂神社

皆さんこんにちは!

京都あかり屋の金澤です。

さて今回は、私も休日の散歩や考え事をするときによく行く下鴨神社をご紹介したいと思います。下鴨神社の境内に「糺の森」という森があり、私の住んでる付近には緑が少ない為、緑を求めてよく行きます。のんびり歩くだけで、鳥の声や小川のせせらぎが聞こえとてもリフレッシュできますよ。

下鴨神社とは

下賀茂神社 案内図

下鴨神社は京都市左京区下鴨泉町というところにあります。正式名称を賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といい下鴨神社は通称です。上賀茂神社(賀茂別雷別神社)とともに賀茂氏の氏神を祀る神社であり、両社は賀茂神社(賀茂社)と呼ばれております。

京都の3大祭り「祇園祭」「時代祭」「葵祭」の「葵祭」は上賀茂神社と下鴨神社で催されております。境内に糺の森(ただすのもり)、御手洗川、さざれ石があり有名スポットになっております。

京都の社寺では最も古い部類に入り、天平の時代に上賀茂神社から分置されたといわれております。

糺の森(ただすのもり)とは

糺の森

糺の森は下鴨神社の境内に広がっている森です。昔は約495万平方メートルの広さがあったみたいですが、応仁の乱などの戦乱の際に火災で総面積の7割を焼失したといわれております。昔は想像もつかないくらい広かったんですね。

糺の森は昔からの植物の生態系をそのままに現代に残っている原生林であり、ケヤキやエノキなどニレ科の落葉樹を中心に、約40種・4,700本の樹木が生育しております。

写真は冬の景色ですが、春になると緑が多くなってきて夏になると涼しくて快適ですよ。

糺の森 小川

森を流れる小川もあり夏には子供たちが水遊びしてますよ。

ところで、この森の名前がなぜ「糺(ただす)の森」というのか少し気になって調べてみたら、複数の説があるようです。

1、「偽りを糺す」という意味からつけられた。

2、 賀茂川と高野川の合流点であることに起因して「只洲」とう意味からつけられた。3、 清水の湧き出ることから「直澄」という言葉からつけられた。

他にも多々説がありました。

ちょっと調べただけでもこれだけ出てきますので、歴史の深さに驚きます。

下賀茂神社 鳥居

糺の森を抜けると下鴨神社の入り口である鳥居がみえてきます。
その脇に国家である「君が代」にも出てくる「さざれ石」が祭られております。

さざれ石

「君が代」にうたわれたさざれ石
さざれ石はもともと「小さな石」という意味ですが、 長い年月の間で小さい石と小さい石がくっついて固まって大きくなったものを「さざれ石」といいます。

この石も、 「小さな石」という意味のさざれ石ではなく、 「小さな石が凝固して大きな岩になったもの」という意味のさざれ石です。

楼門 下賀茂神社

それでは鳥居を抜けて赤い門をくぐりなかへ

この門は楼門、建物は楼門回廊という名前です。

下鴨神社は縁結びの神様が居ますので、結構式を挙げる方も多いです。

この場所で写真を取る方いっぱいいらっしゃいましたよ。

下賀茂神社 本殿

奥へ入ると本殿へ

下鴨神社には同じ名前の神様ですが、干支ごとに意味合いが少しずつ違いますので、自分の干支にお参りする事になっております。

こんな形で干支ごとにわかれております。

未年

私は羊年なのでここにお参り

お参りを済ませるとすぐわきに御手洗川がながれております。御手洗川にかかる輪橋(そりばし)普段は渡ることはできませんが、行事の際に使われるようです。

御手洗神社

御手洗川の水はここから湧き出た水が作っております。

水みくじというおみくじが売ってましたので、早速やってみました。
夏にはみたらし祭というお祭りもやっております。

この祭りは足つけ神事とも言われ、川に足をつけ、無病息災を願うお祭りです。

みたらし祭は毎年7月の土用の丑の日(前後5日以内)に行われ、昔流行することが多い「流行り病」を避けるため、厄払いしたことがお祭りの始まりと言われております。

また、この御手洗川から上がる泡を模して作ったお団子が御手洗団子の発祥といわれていて、みたらし団子の発祥の地ともいわれております。

下鴨神社の魅力 まとめ

1、糺の森があり自然いっぱいで気持ちがいい

2、たくさんある神社の中でも古い部類に入り歴史情緒が盛りだくさん

3、縁結びのご利益がある

4、干支の神様がいる

5、みたらし団子発祥の地(下鴨神社の周りに美味しい団子屋さんもありますよ)

他にも行事がたくさん行われており、いつ行っても楽しめる神社だと思います。

京都にお越しの際にはぜひ足をむけてみてはいかがでしょうか

京都駅から下鴨神社への行き方

京都市左京区下鴨泉川町59

【京阪電車】

JR京都駅 徒歩3分 京阪七条駅→京阪出町柳駅 徒歩8分

【市バス】4・205系統

京都駅→下鴨神社前
下賀茂神社

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にあり。通称、下鴨神社(しもがもじんじゃ)ともいいます。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社で、旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社です。
京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。