清凉寺(嵯峨釈迦堂)霊宝館の概要と秋季特別公開2017(10/1~11/31)について

清涼寺

Photo credit: Sharpness-1 via Visualhunt / CC BY-NC

仁和寺や東寺など京都にある寺院では、春と秋のみ霊宝館を公開してくれる寺院が幾つもあるのが特徴です。
清凉寺の霊宝館もその1つであり、この季節には「嵯峨の釈迦堂」の宝物見物に多くの観光客が訪れます。今回の記事では、清凉寺の霊宝館にスポットを当て詳しく紹介していきます。

※清凉寺の「凉」の字は変換の関係上、本文では「涼」の字で記載しています。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の紹介と秋季特別公開の概要

清涼寺

Photo credit: k onomura via Visualhunt / CC BY-NC-SA

清涼寺(嵯峨釈迦堂)とは、嵐山駅から500mほどと、アクセスが非常に良い場所にある、京都府の嵯峨エリアの浄土宗の寺院です。
嵯峨エリアは京都でも指折りの観光スポットとして知られています。渡月橋から見渡せる雄大な山々は抜群のロケーションです。

清涼寺は全国には「嵯峨の釈迦堂」の名で知られており、嵯峨の広大な自然の中に建立されています。境内には本堂をはじめ阿弥陀堂や薬師寺があり、聖徳太子殿や豊臣秀頼の首塚などこの寺院ならではの建造物も参拝することができます。

その中でも霊宝館は、清涼寺の宝物の数々が現存されている宝物庫です。公開は期間限定であり、4月1日~5月31日の春季と10月1日~11月30日の秋季のみ特別に公開展示しています。

清凉寺ご本尊様出座についてのお知らせ。
平成29年10月10日(火)から10月31日(火)まで、当寺ご本尊の釈迦如来様は国宝展のため、京都国立博物館に出座されます。(ただし京博での展観期間は10月17日(火)~10月29日(日)までです)。この間ご本尊様に参拝して頂くことはできませんのでご了承下さい。本堂の他の文物は拝観可能です。清凉寺サイト 新着情報より

京都国立博物館 国宝展

京都国立博物館の概要と年間の主だった展示企画、イベント等をお伝えしています。

特に秋季特別公開の時期は紅葉の季節でもあり、嵯峨エリアの紅葉と秋季特別公開見物を兼ねて多くの観光客が全国から訪れます。

霊宝館の拝観料は500円ほどであり、本堂とセットにすると700円ほど、拝観時間は午前9時~午後5時迄でとなっています。

寺院の敷地は意外と広いため、見学にかかる時間はゆっくりと見て回っておよそ1時間ほどです。また霊宝館には仏像が多いため、仏像好きな人はさらに時間がかかってしまうかもしれません。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の歴史と国宝・重要文化財

五大山でもある嵯峨エリアに987年に建立された由緒ある寺院です。
「融通念仏の道場」であったため、平安時代以降多くの僧侶が修行の場として全国各地から訪れていた事でも知られています。

また比叡山延暦寺に対抗するために建立されたという説もあり、寺院内には現在も多くの貴重な国宝や重要文化財が安置されています。

特に期間限定で公開される霊宝館は、日本でも有数な宝物庫であり、霊宝館に安置されている物は重要文化財が多く、特に「阿弥陀三尊坐像」は国宝として認定されています。

この坐像は平安時代初期に造られた3対組の1組の仏像であり、日本に現存されている仏像の中でも極めて歴史の古い貴重な国宝です。その他にも、「釈迦十大弟子像」や「毘沙門天坐像」など重要文化財の数々が眠っています。

またご本尊には、生きたお釈迦様が眠っているといわれています。
これは、清涼寺で最も有名な国宝でもある「木造釈迦如来立像」で、三国伝来の釈迦像として世界でも有名なこのお釈迦様に会いに、世界各国から大勢の参拝客が連日訪れます。

この像はご本尊にあるため、いつでも拝観する事ができます。
※10/10~11/31まで京都国立博物館へ出座されるため拝観できません。

清涼寺(嵯峨釈迦堂)の見どころ

清涼寺の紅葉

清涼寺の見どころは、何といっても期間限定で特別公開される霊宝館です。
その中でも国宝である「阿弥陀三尊坐像」には、毎年世界各国から多くの参拝客が訪れます。

「阿弥陀三尊坐像」の実物は、写真などで見るよりも大きく逞しく見えるのが特徴です。
光源氏をモデルとしたという説があるように切れ長の目や端正な顔立ちから、時間が経つのも忘れてしまうほど眺めてしまう参拝客が多いようです。

そのほかにも平安時代から鎌倉時代にかけて造られた仏像の数々が、重要文化財として展示されています。霊宝館ではまるでタイムスリップしたかのように、静謐で高貴な空間を体験する事ができます。

仏像以外にも国宝である「十六羅漢図」やかの有名な狩野永徳の孫が作成した屏風が「花鳥図」など様々な展示品があり、見どころ満載です。

また秋季特別公開の時期は紅葉シーズンでもあり、周辺にある嵐山を起点に紅葉を見ながらのんびりと散策するコースも計画できます。

さらに近辺には池と寺院のロケーションで有名な大覚寺もあるため、1日で幾つもの観光スポットを巡る事ができるなんとも素晴らしいエリアです。

清凉寺(嵯峨釈迦堂)

清凉寺(嵯峨釈迦堂)の公式ウェブサイトです。清凉寺の簡単な歴史、境内の案内、参拝の案内、年中行事、交通の案内などを登載。また清凉寺境内・建物の写真もいくつか載せています。
京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
TEL 075-861-0343

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。