絶好の撮影ポイント!お寺なのに異国情緒溢れる水路閣が大人気!周りの景色とミスマッチさが何故か心地よいパワースポット南禅寺

南禅寺 入口皆さんこんにちは!

京都あかり屋の金澤です。

今回は京都の数あるお寺の中で最も写真を撮りたくなること間違いなしのポイントがある南禅寺を紹介してみたいと思います。

南禅寺とは

南禅寺とは京都市左京区にある禅寺で、正式名称は太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)というみたいです。(長すぎて覚えられないですね…)

禅寺の中で日本で最初に建てられたお寺のようで、他のお寺と比べて別格とされている由緒正しいお寺です。

春には桜、秋には紅葉がきれいで、その季節は言うまでもないですが、今の季節も緑が綺麗で風情のある景色を醸し出してくれています。

もともと「福地」と言われる場所に建っていて、パワースポットとしても有名です。

南禅寺 三門

南禅寺 三門

入口から入るとまずそびえ立っているのは「三門」と呼ばれている建物です。

大きさをお伝えしようと遠くから撮ったのですが、わかりにくいですね…。

これ高さが22メートルもあるんですよ。

三門とは、仏道修行で悟りに至る為に透過しなければならないとされている、三つの関門を表しています。

空、無相、無作の三解脱門を略した呼称だそうです。

山門とも書かれており、南禅寺を代表する正門です。

別名「天下竜門」とも呼ばれ、上層の部分を五鳳楼と呼びます。

日本三大門の一つにも数えられており、時期によっては上に上ることもできます。(有料だったと思いますが…)

1447年に当時のものは火災によって焼失したみたいで、現在のものは1628年に藤堂高虎という人が再建しました。

また、歌舞伎の石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」で有名です。

1889年に国指定重要文化財もなっておりますよ。

南禅寺 本堂

南禅寺 法堂

三門を通ってまっすぐ進むと本堂がみえます。

この本堂は法堂といい、法式行事や公式の法要が行われる場所であり、南禅寺の中心となる建物です。  この法堂も三門と同じく創建当時のものは、応仁、文明の乱で焼失してしまいました。1479年に復興され、その後、1606年(慶長11年)に豊臣秀頼の寄進により大改築されましたが、1893年(明治26年)の火災によって焼失しました。現在の法堂は1909年(明治42年)に再建されたものです。

沢山の災害を乗り越えてきた建物なのですね…。

ここでは釈迦牟尼仏を本尊として祭られております。年に1回御開帳をしているようですね。

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

お参りを済ませ右手に進んで行くと緑の中に突然場違いな建造物が見えてきます。

これは、水路閣という、琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路です。

この橋の上を水が流れております。

南禅寺 水路閣 上から

滋賀県大津市の琵琶湖から、南禅寺横を通り京都市東山区蹴上迄の区間水を通り京都市内に水を供給する“琵琶湖疏水”の一部です。

この事業は、京都近代化政策の最大プロジェクトとされておりました。

京都では小学校の授業にも出てきます。

明治期に南禅寺の景観を配慮して特別にデザインされた水路の橋として作られた構造物ですが、今も現役で使われています。

この疏水の工事は1885年に始まり、1890年に完了しました。

南禅寺 水路閣 2

この古びた感じがなんとも…。

南禅寺 水路閣 橋の内側

古代ローマを参考にして作られたみたいですね…。

完成当初は景観に合わないとのクレームも多かったようです。

南禅寺 水路閣 裏側

テレビドラマにもよく登場しております。

主にサスペンスものが多く、一時期「京都〇〇事件」という「京都」を舞台にしたサスペンスものにはよくこの場所が登場しております。

ここ来た人はみんな熱心にカメラ撮影してますよ。

きっと他にはない良い写真が撮れますよ。

まとめ

南禅寺といえば「精進料理」の発祥の地とされていて、「湯豆腐」が有名です。

周辺には有名なお店がたくさんありますので、お参りをして、写真を撮って、

湯豆腐でランチをするというのも風情があってたまにはいいんじゃないかなと思っております。

京都駅から南禅寺への行き方

地下鉄が近くまで走っており早いと思います。

・地下鉄烏丸線

・京都駅→烏丸御池駅  京都駅から3駅 乗り換え

・地下鉄東西線

烏丸御池→蹴上駅 烏丸御池から蹴上駅まで4駅 →徒歩約10分

以上、水路閣がお進め南禅寺でした。

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。