秋の紅葉シーズン到来!今が見ごろ!世界に名高い京都の紅葉スポット「清水寺」・「高台寺」に行って来ました!

清水寺の紅葉

皆さん、こんにちは!

京都あかり屋の金澤です。

さて、めっきり寒くなってきた今日この頃、今の時期は全国的に紅葉の季節だと思います。

ここ京都も紅葉の見ごろに入り連日観光客で賑わっております。

という事で私も「京都の紅葉」の状況をお届けしようと、事務所を飛び出し近くの東山周辺紅葉見学へ行ってきました。

シーズン真っ盛りの状況をご紹介していきたいと思います。

清水寺の紅葉

改修工事中の清水の舞台と紅葉

以前も清水寺についてきましたが、今清水の舞台は改修工事の真っ最中です。

2020年3月まで工事は続くようですので、この景色が普通に見えてきました。

もうしばらくこの景色を楽しめそうです。

清水寺の紅葉

清水寺 秋の夜間拝観 公開中

今、清水寺は夜の夜間拝観の真っ最中です。

夜のライトアップされた紅葉も昼間とは違った素晴らしい景色を作ってくれます。

大谷本廟の紅葉

大谷本廟 前面

大谷本廟 入口

ここ大谷本廟は清水寺の入り口にありこちらの紅葉も見事です。

ここは親鸞の墓所という事で有名でお墓がたくさんあるところです。

京都で一番大きい霊園ですね。

大谷本廟 入口池の上の紅葉

入口を入ってすぐに池がありそこの紅葉の紅葉は池にも反射してとてもきれいです。

大谷本廟の紅葉

日差しがちょうどかかって光って見えます。

清水坂・三年坂・二年坂・一年坂

清水寺のは山の麓にあるので参拝するには軽い山登り感覚です。

参拝道には名前がついておりすべて坂道になってます。

清水坂の抹茶わらび餅

清水坂 茶和々さん

大谷本廟に行ってと清水寺に行って帰ってくるといい運動になります。

ちょっと休憩をしようとすると美味しそうなわらび餅を見つけたので、早速たべてみました。

清水坂 茶和々さん 2

茶和々さん 抹茶わらび餅展示

抹茶わらび餅 買いました 300円

抹茶わらび餅 食べてみました

プルンプルンのわらび餅に抹茶きなこの程よい甘さ、抹茶独特のほろ苦い感じが最高です。

お手軽に食べる事ができるので、お進めですよ。

三年坂を下り高台寺へ行ってみる

紅葉が綺麗なので今日は久しぶりに高台寺の方まで行ってみる事にしました。

清水坂の入口あたりに三年坂へと続く階段があります。

「七味屋さん」が目印ですよ。

三年坂は産寧坂とも書かれております。これは清水寺の子安塔の安産祈願からきたものといわれております。また、この三年坂で転ぶと三年で死んでしまうという怖い伝説もあります。(まあ、都市伝説ですが…)その為、周辺のお土産もの屋さんでは厄除けのひょうたんが売られていますよ。

この辺りは「THE京都」というようなお店がずらりと立ち並んでいる地域で常に観光客でにぎわっているところです。

道沿いだけではなくちょっと横道に入ったところにも面白いお店がたくさんありますよ。

有名なお豆腐屋さん

本家ゆどうふ 奥丹さん

三年坂を下っていくと左手に有名なお豆腐屋さん「奥丹」さんが見えてきます。

奥丹さん 入口

格式ある京都の老舗感が満載ですね。

私はまだ食べに行ったことがありませんが、いつか行ってみたいものです。

二年坂

清水 二年坂

その有名な「奥丹」さんが目印で次の階段を下がると二年坂です。

私の気になるお店がここに2件ほどあります。

二年坂 藤菜美さん

二年坂 梅園さん

どちらも「みたらし団子」で有名ですよ。

「藤菜美」さんはお団子屋さん、「梅園」さんは今では珍しい甘味処です。

ここを通るとみたらし団子が食べたくなってしまいます。

今日はどっちを食べよう………。

いつもしばらく迷います。

藤菜美さん みたらし団子・抹茶セット 500円

さんざん迷って、今日は「藤菜美」さんのお団子を頂く事に

店内にスペースがありその場で食べれますよ。

抹茶セットで500円・みたらし団子3本300円です。

みたらし団子 食べてみました

間違いのない美味しさですね。

お団子のもちもちした食感にあまじょっぱいタレがベストマッチ!

出来立てなので熱々がこの時期嬉しいです。

御手洗団子は下賀茂神社が発祥とされていて、京都ではいたるところで食べる事が出来ます。そしてすべて美味しいですよ。

一年坂

清水 一年坂

さて、みたらし団子を食べてお腹も膨れたのでもうひと運動。

二年坂を降りていくと分かれ道がありその小さい方の一つが一年坂です。

他の2つの坂と比べて短いので少し寂しい感じですが、こんなお店もありますよ。

二年坂 どんぐり共和国 1年坂方面出入口

私はジブリの大ファンなのでちょっと覗いてみました。

トトロがいっぱい並んでます

有名なキャラクターがいっぱいですね!

どんぐり共和国店内

どんぐり共和国 店内2

どんぐり共和国 店内3

でっかいのも居ますよ。

着物キティーちゃん

隣にはキティーちゃんが…

はろうきてぃ茶寮さん

キティちゃんの喫茶店?なのかな…。

面白いお店ですね。

ねねの道

高台寺 ねねの道

ちょっと寄り道してしまいましたが、(1時間ぐらい居ちゃいました…)

一年坂を抜けると目の前が高台寺の参道である「ねねの道」です。

この道の名は、高台寺に祀られている豊臣秀吉の正室、北政所(ねね)に由来します。

京月持庵さんの豆せんべい

ねねの道 京月持庵さん

この「ねねの道」に京月持庵さんがあります。

ここの豆せんべい美味しいのでお勧めです。

京月持庵さん 豆せんべい

豆せんべい サンプル

豆の風味がしっかりと残り歯ざわりも素晴らしい昔ながらのせんべいです。

京月持庵さん 店内

他にも店内に手作りのお菓子がたくさん並んでおります。

高台寺の紅葉

高台寺 入口

さていよいよ今日の散策の目的地にしていた高台寺に到着です。

入口もみごとな紅葉ですね。

高台寺 境内

境内も紅葉がきれいです。

高台寺 拝観入口

ここからお庭に入れて紅葉のメインはこのお庭なのですが、今日は寄り道を多くしてしまったため時間があまりなくは入れませんでした。

ここも夜間のライトアップしていますので、清水寺とあわせて夜の紅葉見学もお進めです。

霊山観音の紅葉

霊山観音様

高台寺の隣には京都の町を見守ってくれている「霊山観音」様がおられます。

24メートルあるという事でその大きさにびっくりします。

こんな大きな仏像があるのに意外と知らない人が多いですよ。

入口で拝観料を払うとお線香がもらえます。

霊山観音様 参拝のお線香

これを真ん中のお線香を立てる場所に立てて願掛けするという形です。

霊山観音様の紅葉

霊山観音様の紅葉 2

紅葉もきれいですね。

霊山観音様 胎内入口

観音様は何と中に入れて胎内に何人かの干支にちなんだ神様がおられます。

霊山観音様の胎内

自分の干支の神様にお祈りします。

最後に

今日の散策はこのあたりまでとしますが、ここまでで4時間ほどかかっております。魅力的な場所が多いので時間には余裕をみておいてください。

今回は私的に京都の紅葉が綺麗な場所に行ってみましたが、他にもまだまだ紅葉スポットはございますよ。

今の時期が京都の紅葉シーズンという事で、京都の観光地はどこも賑やかで楽しいですよ。

美味しいお菓子もたくさんありますよ。

旅行をお考えの方はぜひ今の時期の京都にお越しくださいませ。

音羽山 清水寺

京都府京都市。「清水の舞台」で知られる寺院。北法相宗の本山(一寺一宗)。縁起、年中行事、境内案内。
京都市東山区清水一丁目294 清水寺

京都市東山区清水一丁目294
TEL 075-551-1234

鷲峰山 高台寺

豊臣秀吉と北政所ねねの寺、京都東山高台寺のホームページです。春は波心庭のしだれ桜、秋は紅葉がきれいです。
京都市東山区高台寺下河原町526

京都市東山区高台寺下河原町526
TEL 075-561-9966

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。