神護寺大師堂 1年間にたったの7日間の特別公開2017(11/1~11/7)

神護寺 紅葉

Photo credit: ansel.ma via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

空海が住職を務めた京都の神護寺は空海のみならず最澄にもゆかりがあり、仏教界に新風を吹き込む拠点となりました。歴史上の重要な地位を占め、数多くの文化財を保有しています。その文化財の一つが、7日間だけ特別公開される板彫弘法大師像。

ここではこの像をはじめとする神護寺の見どころや歴史についてみていきます。

神護寺大師堂の板彫弘法大師像特別公開

京都の市街地から少し離れた山里にある神護寺。9世紀に神願寺と高雄山寺という2つの寺が合併して空海を住職に迎えた高野山真言宗の寺院で、境内にある大師堂は空海の住房だった納涼房を復興したものです。

神護寺には薬師如来立像や五大虚空蔵菩薩像といった国宝が安置されています。
さらに所有している重要文化財として、金堂の日光菩薩・月光菩薩立像や拝観が許されていない毘沙門天立像、そして特別公開の対象となっている大師堂の板彫弘法大師像が有名です。

通常は非公開の板彫弘法大師像の特別公開は、毎年11月1日から7日までの7日間のみ。
板彫弘法大師像は、14世紀初めに入山した性仁法親王が仏師定喜に土佐国金剛頂寺の空海像を模刻させたものといわれています。

彫られている空海の顔には若々しくてみずみずしい張りがあり、鎌倉時代を代表する仏師快慶の地蔵菩薩像を彷彿させるような仏像です。板彫の仏像には国宝である奈良の興福寺の板彫十二神将像がありますが、丸彫りの仏像に比べると数が少なくあまり見かけないため、記憶に残りやすい仏像であるともいえます。

神護寺の歴史

神護寺

神護寺は、平安京造営に功績のあった和気清麻呂が建立した神願寺と高雄山寺という2つの寺が合併してうまれました。
高雄山寺は海抜900メートル以上もある山地に建立されていることから、それまでの奈良の都市仏教に物足りなさを感じた僧達の山岳修行をする道場としての意味を持っていたと考えられています。

清麻呂の没後境内にその墓が祀られた高雄山寺は、はじめは和気氏の菩提寺としての性格が色濃く出ていました。しかし9世紀に神願寺と合併され神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)となって以降、空海を住職に迎えて仏教の新しい流れを作り出す中心的な役割を果たしたといわれています。

神護国祚真言寺とは、八幡神の加護により国家鎮護を祈念する真言の寺 という意味です。
なお、現在神護寺の本尊として金堂に安置されている国宝の薬師如来立像はもともとは神願寺の本尊で、合併の際に神護寺に移されたと考えられています。

神護寺は空海亡き後盛衰を繰り返しました。明治時代の廃仏毀釈では寺域の解体、支院・僧坊の焼失という憂き目にあいながらも、昭和に入ってから旧堂が修復され金堂や多宝塔も再興されて、現在に至るまで法灯を護り続けています。

神護寺の見どころ 重要文化財と紅葉

神護寺

重要文化財である板彫弘法大師像は、右手の三鈷杵(さんこしょ)や左手の数珠の表現が優れているといわれています。三鈷杵とは中央に柄があり両端に3本の槍の刃持つ、密教の儀式で使われる仏具の一つです。

空海が唐での修行を終えて日本に帰国する際、日本で密教を広めるのにふさわしい地を示してほしいと唐の港から日本に向かって投げたのがこの三鈷杵といわれています。板彫弘法大師像をみればこのような逸話を思い起こすこともできて、大変興味深い像です。

また神護寺境内には9世紀に鋳造された国宝の梵鐘もあります。橘広相、道真の父である菅原是善、藤原敏行といういずれも当代一流の3人がこれに銘文が刻んでいるため「三絶の鐘」と称される、日本三名鐘の一つです。

神護寺のある高雄は都会の喧騒から離れた静かな山里で、自然の豊かな景色を楽しむことができます。
さらに西明寺のある槙尾、高山寺の栂尾とともに三尾と呼ばれ、京都でも有数の紅葉の名所です。

大師堂の特別公開は、京都の紅葉シーズンが幕開けする11月の初旬。京都で最も紅葉が早いといわれている神護寺で、歴史の重みと美しい自然を満喫してみてはいかかでしょうか。

弘法大師霊場 遺迹本山 高雄山神護寺

京都市右京区梅ヶ畑高雄町5

京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
TEL 075-861-1769

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。