平安神宮の【時代まつり】は華やかな行列が楽しめる京都三大祭の一つ 貴重な衣装や調度品は必見!(10/22)

京都三大祭 時代祭01

Photo credit: #96 via VisualHunt.com / CC BY

京都では、毎年三大祭りと呼ばれる祭事が行われています。
平安神宮を舞台に開催される時代まつりも三大祭りの1つで、シーズンには大勢の方が祭りの行列を見ようと会場に足を向けます。
全国的に有名な時代まつりは、京都の方はもちろん、観光客からも人気のお祭りです。

時代まつりの特徴と概要

時代まつりは、例年10月22日に京都市左京区の平安神宮で行われます。
京都の歴史と非常に関係が深いのが、時代まつりの1つの特色です。平安遷都以後の時代風俗を行列というスタイルで紹介していく平安神宮の時代まつりは、その当時を再現した衣裳や調度品が用いられます。

この行列は、笛や太鼓などの音色をバックに行われていきますので演出効果も満点です。
行列の一行は、京都御所を出発点に御池通や京都市役所前を通り、最後に平安神宮に到着します。

時代まつりの当日には、行列を見ようと集まる人々で界隈は大変混み合います。平安神宮の時代まつりでは8つの時代が取り上げられ、行列は20ほどです。武士や公家、白川女などに扮した人々が次々に登場をするため、見物客が終始飽きずに楽しめるお祭りと言えるでしょう。

京都の文化を現代の方に伝えることが平安神宮の時代まつりの大きな目的であり、演出には手を抜かないのがこのお祭りに携わる京都の方のこだわりです。

行列に参加をする方の人数は約2000人に達するということで、初めてその場に臨む方にとっても見ごたえ十分の京都のお祭りと言えますね。

時代まつりの歴史

平安神宮

平安神宮の時代まつりは、平安神宮が設立された明治28年(1895年)からスタートされました。明治28年(1895年)はこちらの平安神宮が創建された年でもあり、時代まつりは組織が誕生したのとほぼ同じ時期に始まった祭りと言えます。

平安神宮は、桓武天皇と孝明天皇の神霊を祀っている神社で、平安神宮が創建された当時の京都は、時代の変化の影響を受けて、半ば混乱の中にあり、京都市内の人々が不安を抱えていました。地域が再び活性化することを願って、京都市左京区の平安神宮は創建されたんですね。

このような地域の方達の思いを祭りという形にしたのが、時代まつりの発端でもあります。京都の文化を紹介することにポイントを置き、街の活力を盛り返していこうというのは時代まつりの1つのコンセプトです。

その豪華さから平安神宮の時代まつりは全国的に知られるようになり、京都の三大祭りとして観光に訪れる方からも注目を浴びるようになっています。明治から昭和、平成へと時代は移り変わっても、時代まつりの根本にある京都の方達の郷土愛はそのまま受け継がれているんですね。

時代まつりの見どころ

京都の時代まつりでは、その時代を代表する服装や化粧、調度品を紹介することを重視しています。当時の様子を正確に伝えるために、かなり詳しい時代考証が行われているのが時代まつりの特徴です。

行列する方達が身につける衣装や使用される調度品は、いずれも京都の伝統工芸品として有名なもので、行列ではその時代の風俗を観賞出来るだけでなく京都の芸術的な技もじっくりと楽しまるでしょう。約12000点の品が用いられるということで、時代まつりでは各人の衣裳や細かい持ち物なども見ておきたい所です。

幕末から明治維新にかけて京都で活躍した志士や政治の中心にいた人物は、行列でもひと際目立つ存在です。また、戦国や室町、江戸の各時代で権勢を振るった武士の行列も、時代まつりの見どころとなるでしょう。

女性達の行列は、衣裳の豪華さが一層引き立ちます。平安から中世、江戸といった時代に関しては、それぞれカテゴリーを分けて行列が組まれます。

公家が参加をする宮中の儀式や流鏑馬なども、平安神宮の時代まつりで取り上げられているテーマです。清少納言や紫式部なども登場しますので、歴史上の人物を1人1人見つけていけるのも時代まつりの面白さと言えます。

平安神宮

平安神宮の公式サイト。1895年平安遷都1100年を期に市民の総社として創建。平安京の正庁(朝堂院)を模した朱塗りの社殿が美しく平安京の雅な雰囲気が漂う。本殿を囲む約3万㎡におよぶ回遊式庭園、神苑は、春の紅しだれ桜や初夏の花菖蒲等、四季折々に美しい景色が広がる。毎年10月22日の時代祭は平安神宮の祭礼で、京都三大祭の一...
京都市左京区岡崎西天王町97

平安神宮
京都市左京区岡崎西天王町97
TEL:075-761-0221

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。