京都の夏の名物行事8月は「五山の送り火」が見逃せない


京都では、毎年8月16日に五山の送り火があります。京都の四大行事の一つとされ、見逃せない名物行事です。夏の夜空に浮かぶ各種の文字や絵は、独特の風情があり、夜の鴨川の堤防などから眺めると、一層風情が感じられます。

五山の送り火の特色

8月の京都で行われる「五山の送り火」は、日本各地で行われる「大文字焼き」の代表格とされるものです。山の斜面に焚き木や松明(たいまつ)によって「大」の字を夜に浮かび上がらせる行事は、京都以外にもあります。その中で最も有名で見応えあるのが京都の「五山の送り火」で、これだけは「大文字焼き」とは呼びません。
送り火が灯されるのは5ヶ所で、如意ヶ嶽の「大文字」、西山および東山の「妙法」の2字、そして船山の文字ではなく絵を描く「舟形」、左大文字山の鏡文字となる「左大文字」、最後は曼荼羅山の「鳥居形」、これで全部です。

点火の時間は決められていて、現在は、まず最初に「大文字」が夜の8時に点火され、その5分後に「妙法」、さらにその5分後に「舟形」、その5分後に「左大文字」、その5分後に最後の「鳥居形」が点火されます。

送り火の風習は、盂蘭盆会あるいは施餓鬼の行事として行われたものですが、はっきりとした起源は分かっていません。

精霊を送る火とされますが、寺院が主催者となるものではなく民間の風習であり、江戸時代の記録に散見されるだけで、それより古い時代の記録が見当たりません。

五山送り火の歴史

8月に京都で行われる「五山の送り火」の歴史は、詳らかではありません。江戸時代に発刊された京都に関する地理や風習を書いた各種文献に、この「五山の送り火」のことが断片的に記載されているだけです。その文献名としては、『出来斎京土産』や『雍州府志』や『日次紀事(ひなみきじ)』が代表的なものとなります。これらの資料によれば、当時は「精霊の送り火」とか「亡魂の送り火」とか呼ばれていました。

行われる日時に関しては、かつては旧暦の7月16日の夜に行われ、現在の新暦の8月16日の夜とは微妙に違っています。
現在の京都では、五山だけで行われる送り火ですが、かつては京都の別の山でも行われていました。「い」や「一」の字もありました。また、「竹の先に鈴」や「蛇」や「長刀(なぎなた)」もありました。

これらは、明治から昭和初期にかけて消滅して行き、最終的に5ヶ所となって固定され、それ以降、「五山の送り火」という名称も定着しました。なお、戦時中の1943年から1945年にかけては、米軍による空襲の危険があり灯火管制があったため、送り火は中止されていました。

五山の送り火の見所

五山の送り火の見所としては、五山それぞれに特色があることと、点火時間が5分ごとにずれていることです。「大文字」の火床は、凝灰岩の一種である大谷石を2つ並べたもので、この上に薪木を井桁に組んで火を着ける形です。「妙法」は、「妙」の字を西山に、「法」の字を東山に火床を設けますが、この2つを合わせて一山一字と数えることになっています。

「舟形」は、縦が130mで横が200mにもなるもので、一番巨大です。「左大文字」は、一番小ぶりとなりますが、それでも第一画が48mになります。この「左大文字」の見所は、点火が筆跡順になることで、一斉に点火される「大文字」と違っています。

「鳥居形」は、火床が他とは大きく違っています。「鳥居形」では、薪木を組むのではなく、松明(たいまつ)を突き立てる形になっていて、燃える色も違って見えます。しかも、親火床から松明を人が持って各火床に走るため、その動きが火が走るように見えます。

五山送り火の見所は、点火時間の8時から数十分に集中しています。この時間帯を見逃すと、少々残念なことになりますので、時間に気をつけてください。

各山送り火おすすめビューポイント

大文字  賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋〜御薗橋〕
妙    北山通〔ノートルダム女学院附近〕
法    高野川堤防〔高野橋北〕
船 形  北山通〔北山橋から北西〕
左大文字 西大路通〔西院〜金閣寺〕
鳥居形  松尾橋・広沢の池など

その他、市内各ホテル屋上などからも観覧できます。

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。