京都の夏の風物詩、ユネスコの無形文化遺産 祇園祭に行ってみよう!

京都の夏といえば、日本三大祭りの一つである祇園祭が有名ですよね。毎年7月に1ヶ月にわたって行われる大規模なお祭で、山鉾巡行は平成21年にユネスコの無形文化遺産にも登録されました。そんな祇園祭について紹介していきたいと思います。

祇園祭の特色とは?

一般的に祇園祭というと、7月17日のハイライトである33基の山鉾巡行とその宵山が有名ですが、八坂神社の祭礼で毎年7月1日から7月31日までの1ヶ月間がお祭の期間となり、たくさんの祭事が行われています。

1日には吉符入りと呼ばれ、各山鉾町にてその年のお祭の打ち合わせが行われ、本格的な準備が始まります。お囃子方の練習やお稚児さんの決定などはそれ以前から始まっています。
2日は山鉾巡行の順番を決めるくじ引きが行われます。先頭の長刀鉾など、順番があらかじめ決まっている山鉾もあります。

そして10日から前祭に巡行する23基の山鉾の組み立てが始まります。
2014年より、山鉾巡行のトリである大船鉾の完全復興に伴い、後祭が復活しました。後祭巡行の10基の組み立ては18日から始まります。
山鉾は釘1本使わず縄だけで柱を縛ります。

いよいよ17日に前祭巡行、24日に後祭巡行です。各日の3日前からが宵山で、前祭の宵山には道路が歩行者天国になり、夜店が出てとても賑わいます。

29日には祇園祭の無事終了を神様に奉告し、31日に神社内に設置された茅輪を参拝者がくぐって厄払いをし、祇園祭の終了となります。

祇園祭の歴史

毎年7月に行われる祗園祭の由来は今から1000年以上前の平安時代に遡ります。869年、京都では疫病の流行により、多数の死者が出ていました。

それは牛頭天王(スサノヲノミコトともいわれている)のたたりと考えられていたので、そのご機嫌を取るために現在の八坂神社を信仰し、神泉苑に日本の国の数である66本の鉾を送って悪疫を封じ込める御霊会を行い、病魔退散の祈願としました。

これが祇園祭のはじまりと伝えられています。

初めは疫病の流行時に不定期に行われていましたが、円融天皇のころから毎年6月(現在の7月にあたる)に行われるようになりました。一時途絶えた時期もありましたが、足利時代に再興しました。

しかし応仁の乱で京都は焼野原になり、再び祗園祭も頓挫の危機に直面しますが、このころには既に町衆によって各町内ごとに山鉾を作るようになっており、乱の約30年後には現在のような山鉾巡行が行われていたようです。
このころより、町衆の手によって山鉾は芸術性高く豪華絢爛になっていきました。
その後も幾度も危機に直面しますが、その度に民衆の手で復興し、現代まで続く歴史あるお祭になったのです。

祇園祭の見どころ

祇園祭の見どころはなんといってもハイライトである山鉾巡行です。京都市の中心部では17日の前祭で巡行する各町の23基の山鉾が組み立てられます。24日には2014年から復活した後祭で10基の山鉾が巡行します。トリを飾る大船鉾の完全復興が話題になりました。

山鉾巡行では、スタート地点にてお稚児さんが結界を表す注連縄を太刀で切り落とす注連縄切りや、交差点で10トン近くもある山鉾を、男たちの手によって水を打ちながら方向を変える辻回しなどが見どころです。

また、17日の前祭巡行の3日前からが宵山と呼ばれ、夕方から四条烏丸一帯が歩行者天国になり、たくさんの露店が並び各山鉾では提灯が灯されます。

各鉾の上で囃される「コンチキチン」で有名な祇園囃子も聞き逃せません。
祇園祭というとこの宵山のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

また宵山では各山鉾町の旧家や老舗などが、所蔵する調度品や美術品を公開します。屏風が飾られることが多いので屏風祭と呼ばれています。宵山の期間しか見られない物ですので、訪れた際には忘れないように見てみてください。

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。