世界中で超有名!言わずと知れた京都一番の観光スポット「嵐山」を散歩してみました。

嵐山 渡月橋

皆さんこんにちは!

和菓子京都あかり屋の金澤です。

今回は、世界中の観光客に行ってみたい観光地として常に上位にランクインされている、言わずと知れた観光スポットである嵐山に行ってきましたので、嵐山周辺散策を書いてみようと思います。

私は京都に住んでいるが為に、あまり嵐山の方へは行く機会が少ないのですが、(ちょっと中心地からは離れております)今回お客様のご自宅が近所という事で、打ち合わせの後少し寄ってみました。

渡月橋からの景色

観光名所 嵐山

嵐山は平安時代に貴族の別荘地として栄えたようです。

「春は桜」や「秋には紅葉」の名所としても大変有名なエリアです。

修学旅行でも必ずコースに組み込まれるであろう景色の良いところです。

この日はシーズンでは無かったのですが、人がたくさんいました。

どうやら常にこういう状態なようです。

この日は、天気がいいのと、ちょっと最近運動不足ということなので、少し歩いてみる事に…。

嵯峨の竹林の道

嵐山 竹林の道

私は嵐山のスポットの中でこの竹林が一番好きです。

神秘的で美しい竹林、夏でも涼しい位な心地よさです。

よくテレビドラマとかでも登場しますよ。

夏でも涼しく心地よい竹の香り、風になびく笹の音、リフレッシュした気分にさせてくれます。

竹林を抜けた先には…

トロッコ列車 嵐山駅

ここを抜けていくと「トロッコ列車嵐山駅」に到着します。

この電車は嵯峨の山間を抜けて亀岡まで行くことができます。

一時間に1本ぐらいで走ってますので、時間にはご注意を!

丁度今の時期にライトアップもされておりますよ。

詳しくは別のブログで書きましたのでまたご覧ください。

散策の合間にちょっと一息

ここまで歩いて、渡月橋まで戻ってくるだけでとてもいい運動になります。

渡月橋まで戻ってきました

運動した後は、甘い物が欲しくなりますよね…。

何かないかなと辺りをみると交差点の一番目立つところ(赤い提灯が目印)に桜餅を売っているのを発見したので、早速購入して食べてみました。

渡月橋の反対側

さくら餅屋さん

和菓子に定番のあんこも、程よい甘さで、それに加えちょっとしょっぱい桜の葉っぱの塩漬けがものすごくマッチしております。

お茶とベストマッチ!疲れも吹き飛びます。

今回食べたのは、これだけでしたが、「コロッケ」や「湯葉ソフトクリーム」も有名ですよ。

ここ嵐山には他にも狭い範囲に多くの観光名所が詰まっているので、少し歩くだけで一日中楽しめる事と思います。

周辺にも京都らしさを充分に出した個性的なお店もたくさん集まっているのでお土産探しや、ショッピングも十分に堪能できます。

ご家族でもデートでも楽しめますし、1人ぶらぶら良き京都の街を散策するのもまたお進めです。

先ほども書きましたが、京都市街地からは少し離れていますが、京福電車(嵐電)というローカル線を初め交通の便は良くなってますので、比較的簡単に行くことができます。

嵐山を堪能して、お参りに

松尾大社の鳥居

嵐山の渡月橋から桂川沿いを歩いて次の橋まで行くと「酒の神さん」で有名な「松尾大社」があります。

ここまで来たついでなので、お参りに行ってきました。

松尾大社 本堂

松尾大社は京都最古の神社の1つで、対抗この一帯に住んでいた住民が松尾さんの神霊を祭り、生活守護としたのが始まりだと言われております。 5世紀の頃、朝鮮から来た秦氏がが山城地方や但馬地方を開拓して、総氏神として大宝元年(701年)に今の場所に建てたと伝えられております。

秦氏は、酒作りに欠かせない名水が境内に湧き出ているのを使って、酒作りが得意だとも伝えられております。 今でもこの湧き水は蘇りの水として汲みに訪れる方が多数おられます。

湧き水が出る場所を「亀の井」といい。「亀は万年」というところに引っ掛けて長寿に効果があると言われております。

「亀」と「鯉」は松尾大社の神様の使いとして伝えられており、特に「亀」は健康長寿のシンボルとして親しまれております。

松尾大社 撫でガメ様

松尾大社 撫でガメ様 2

全身なでなでしておきました。

松尾大社 境内

境内には、全国の酒造家から納められた樽がつまれております。

酒にまつわることにはすべてご利益があるとの事です。

禁酒祈願とか…。

お酒にまつわる事だけではな夫婦円満、恋愛成就のご利益もあります。

松尾大社 恋愛成就の松

松尾大社では毎年4月20日以降の第1日曜日に松尾祭(神幸祭)が行われております。

御神輿6基が拝殿回しの後、松尾から上桂一帯を練り歩きます。

途中川を横断するので、その瞬間は一番盛り上がりますよ。

その3週間後には「還幸祭」が行われます。

それぞれ「おいで(神幸祭)」「おかえり(還幸祭)」と呼ばれております。

最後に

昼頃から散策を初め松尾大社から帰る時はうっすら暗くなっておりました。

嵐山周辺には一日ではとても回り切れないほどまだまだ観光スポットがあります。

嵐山にお越しの際には少し余裕を持って、いろいろまわってみてはいかがでしょうか?

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。