嵐山蔵王権現に感謝する11月は「嵐山もみじ祭」で紅葉と芸能を楽しむ

嵐山 紅葉

もみじの季節となる11月は、嵐山もみじ祭が見逃せません。もみじ祭りと言っても、もみじの鑑賞会という性質のものではなく、もみじはむしろ脇役で、船で演じられる古典芸能が主体となるものです。川に船を浮かべ船上で芸能を披露するのが、この嵐山もみじ祭です。

嵐山もみじ祭の特色

嵐山 紅葉

毎年11月の第2日曜日に催される嵐山もみじ祭は、嵐山のもみじを讃えると共に、嵐山の守護神たる嵐山蔵王権現に感謝する催しです。

嵐山の清流大堰川に船を浮かべ、船に設けた舞台で古典芸能などを披露し、川の岸辺でも各種芸能などを披露するものとなります。
演じられる芸能は実に多彩で、寺院や神社で伝えられて来たものを含み、雅楽や舞楽や今様などの奈良朝または平安朝の様式の芸能があり、東映太秦映画村船やいけばな船なども加わり、さらに御神酒船もあって、参加する船の種類は多種多様です。

川の岸辺では、島原太夫のお点前披露や道中などが演じられます。また、狂言なども演じられます。これらの芸能の背景には、嵐山の紅葉がありますので、より一層芸能が映えるものとなり価値を高めています。
開催時刻は二部に分かれ、午前の部と午後の部とがあります。午前の部は10時30分から始まり、午後の部が13時から始まりますが、事情により時刻が変更になる可能性もあります。

観客は非常に多いですが、船は川を上り下りしますので観客も適当に分散し、大混雑になることなくゆったりと見ることができます。

嵐山もみじ祭の歴史

嵐山 紅葉

11月に催される嵐山もみじ祭は、嵐山の渡月橋上流付近で催される舟遊びの催しで、色とりどりに飾り付けた船に小さな舞台を設け、そこで能楽や舞楽や今様歌舞、あるいは六斎念仏や長唄など、多彩な古典芸能が見事な衣装と共に披露されます。
嵐山もみじ祭は、戦後間もない1947年に始められたもので、歴史はそう古くありません。しかし、船の上や岸辺で演じられる各種芸能は、伝統芸能として伝えられてきたものが殆どで、歴史や伝統を感じさせると共に、豪華さや雅を感じさせるもので、一見の価値のあるものです。また、舟遊びの趣向も比較的珍しいもので、他の催し物とは違う面持ちがあります。

舟遊び自体は平安貴族も楽しんだもので、船を用いる嵐山もみじ祭は、伝統的な要素を踏まえたものになっています。この祭は、嵯峨や嵐山の地域にある寺社の支援を受けたもので、天龍寺船や野ノ宮船など寺社の船も加わります。これら多彩な船が川を上り下りしながら、芸能などを披露して、その技を競います。
なお、嵐山もみじ祭が催されるのは、毎年11月の第2日曜日であり、雨天の場合は中止されます。見学は自由で、特別な手続きもありません。

嵐山もみじ祭の見所

嵐山 紅葉

嵐山もみじ祭で披露される芸能は、実に多種多様ですから、その多種多様さを楽しむものとなります。船は川を上り下りしますので、特定の一つの芸能を最初から最後まで見るような鑑賞の仕方は難しくなります。ただし、岸辺で演じられる芸能は、その限りではありません。

とは言え、舟遊びが主体の催しですから、次から次へと現れては去って行くその風情を楽しむことにしましょう。じっくり鑑賞するような趣旨の催しではありませんので、その趣旨にあった楽しみ方が最適になります。
考えてみれば、パレードや武者行列などの行事も、次から次へと多彩な出し物が現われて来るのを、一つの観覧場所から眺めることになるわけで、それと同じことです。

嵐山もみじ祭は、言ってみれば芸能を伴う船のパレードですから、パレード見物としての味わい方になります。出し物は多彩ですから、滅多に見れない珍しい芸能に注目すると共に、衣装を含め多種多様の芸能の色とりどりのさま、また背後にある紅葉の色とりどりのさまを合わせ、全体として現れて来る万華鏡に見るような目くるめく多彩さを味わうことにしましょう。

京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町11-1

京福電鉄嵐山本線 嵐山駅
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町11-1

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。