京都三大祭に数えられる6世紀からの伝統の祭り 5月に行われる葵祭とは

葵祭 斉王代

Photo credit: MShades via Visualhunt / CC BY

葵祭(あおいまつり)は、京都で毎年5月15日に開かれる例祭です。葵の葉をトレードマークとして飾り付けることからこの名がついています。京都三大祭の一つに数えられており、古典でも頻繁に登場することから高い知名度を持っています。

葵祭の特色について

葵祭の特色は古来より王朝の伝統が守られ受け継がれていることです。国家行事として保護されてきたため伝統が途切れてしまうことがなかったのです。
祭りでは5月に入ってから前儀としていくつかの祭事があり、特に馬に乗ったまま矢を射る流鏑馬神事などが有名です。

祭り本体の構成は大きく宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀の三つに分けられていますが、現在はそのうち路頭の儀、社頭の儀の二つが行われています。
路頭の儀では勅使、検非違使といった役職を与えられた500人以上の人々が平安時代の貴族の衣装を纏い、京都御所から下鴨神社を通って上賀茂神社までの8kmの道のりを行列します。

行列には人だけではなく役職に合わせて馬もおり、牛車や輿なども再現されています。それらの人々の衣装や牛車などの部品はすべて祭りの名前の元となっている葵の葉の模様で飾り付けられているのが特徴です。
社頭の儀は行列がそれぞれの神社に到着したときに行うもので、勅使が神社に対して祭文を献上し、御幣物の奉納を行います。

また、神馬の引き回し、「あずまあそび」と呼ばれる舞の奉納といった見どころもあります。

葵祭の歴史について

葵祭の歴史は非常に古く、6世紀に始まったと言われています。当時は賀茂祭という名前で、作物が実らなかったため、賀茂の神々の祟りを解くために行われました。

今は5月に行われますが、当時は陰暦四月に当たります。
その後、平安時代には国家的行事として定められ、古典において「祭」といえば「葵祭」という暗黙の了解が生まれるほどメジャーな存在となります。文学でも頻繁に登場し、特に「源氏物語」で葵の上と六条御息所が祭りを見物する場所を争う場面は非常に有名です。

その他枕草子や徒然草など名だたる文学にも登場しています。
その後戦争などで何度か中止、行列の中断がありましたがそれでも伝統は守られてきました。特に徳川家はこの葵祭を重視しており、徳川家の家紋として有名な「三つ葉葵」も関連があると言われています。

名前が葵祭に置き変わったのも江戸時代のことで、祭りの再興の際に衣装などすべてにトレードマークの葵の模様をあしらったのがきっかけです。
さらにその後も太平洋戦争を代表とする戦乱によって妨害されつつも継承され、現在に至り毎年5月に行われています。

葵祭の見どころについて

葵祭 牛車

Photo credit: MShades via VisualHunt / CC BY

葵祭における一番の見どころはやはり路頭の儀における行列でしょう。この行列は大きく本列と斎王代列の二つに分かれており、どちらも違った趣があります。

まず本列は男性がメインの行列です。先導役の乗尻や護衛の検非違使など馬に乗っている人が多いため、逞しいという印象を受ける人が多いでしょう。また、この祭の主役である勅使も本来この行列に加わるのですが、今は近衛使代という役職の人が代わりにその立ち位置を務めています。そのほか勅使のための牛車も参加しています。

続いて斎王代列は女人列とも呼ばれ、その名の通り女性が多く参加しています。その中でも特に注目すべきなのは斎王代です。斎王とは本来御杖代として皇室から差し出された内親王を意味しますが、現在は市民の中から選ばれるため斎王代と呼ばれています。衣装として所謂十二単を着ており、腰輿(およよ)という輿に乗って移動するため、一際華やかであり、多くの人が斎王代を葵祭の一番の見どころと捉えているようです。

そのほか斎王代のための牛車や楽器持ちなど様々な人が参加します。
こういった行列の参加者にはそれぞれ立ち位置、役割が定められており、事前にそれを知っておくことでより祭を楽しむことが出来ます。

行列順路

京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 → 下鴨神社到着(11:40)
路頭の儀・出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 → 北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)
※時刻は行列の通過予定時刻です。

5月15日(雨天順延)

京都御所

宮内庁オンライン参観案内:宮内庁では、インターネットを利用した参観申込をこちらのホームページ窓口で受け付けております。

京都府京都市上京区京都御苑3
075-211-1215

下賀茂神社

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にあり。通称、下鴨神社(しもがもじんじゃ)ともいいます。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社で、旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社です。

京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010

上賀茂神社

京都市北区上賀茂本山339
075-781-0011

フォローする

おすすめ商品

花かずら(大納言)■花かずら(大納言)
大粒の北海道産大納言小豆を柔らかく炊き上げ、琥珀の中に隙間なく敷き詰めた逸品です。
北海道産大納言小豆の豊かな風味と上品な甘さをご賞味ください。

花かずら(大納言・手亡白豆)■花かずら(大納言・手亡白豆)詰合せ
北海道産大納言小豆と北海道産手亡白豆、2種類の琥珀を楽しめる「花かずら(大納言小豆・手亡白豆)」豊かな風味と上品な甘さをどうぞご賞味ください。

柚子琥珀■柚子琥珀
柚子の果汁を含んだ透明感のある涼しげな「琥珀果」厳選された国産柚子果汁の自然なままのさわやかな香りと飽きのこない上品な甘さをどうぞお楽しみください。

宇治金時琥珀■宇治金時琥珀
北海道産大納言小豆の飽きのこない甘さと京都宇治産抹茶の苦味・渋味がほど良く調和した奥深い味わいが楽しめる逸品「宇治金時琥珀」どうぞご賞味下さい。

珈琲あずき■珈琲あずき
北海道産大納言小豆に真空凍結乾燥し粉末状にした珈琲豆で風味をつけました。
珈琲の薫りが織りなす大人の味わいをお楽しみ下さい。

花霞の宴■花霞の宴
桜の花の塩漬けを丁寧に煮詰め、その煮汁と少量の桜葉粉で風味づけした琥珀果です。
春薫る桜の風味と上品な味わいをどうぞ、心ゆくまでお楽しみ下さい。